一般病院2・7%の赤字 人件費増、診療所は安定

厚生労働省は13日、医療機関の経営状況を調べた2018年度の「医療経済実態調査」を公表した。一般病院全体では、1施設当たりの利益率はマイナス2・7%で、17年度に比べ0・3ポイント改善したものの赤字が続いた。厚労省は医療従事者の数が増え、人件費が増加したことが一因と分析する。

一方、病院以外の利益率は一般診療所が12・9%、歯科診療所20・5%、薬局5・5%と黒字を維持した。

民間病院の院長の平均年収は約3042万円で、17年度比では0・5%減ったが、依然高水準。一般診療所の院長は約2807万円で、民間病院の勤務医は約1641万円だった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 東京都杉並区にこれからのスタンダードとなる医療・介護の複合施設
    東京杉並のフェニックス杉並は、特別養護老人ホームに加え、看護小規模多機能型居宅介護支援事業所、防災拠…
  2. 東京都保健医療計画 中間見直し(令和3年7月)
    東京都は令和3年7月、医療法の規定により、東京都保健医療計画(平成30年3月改定)の中間見直しを行っ…
  3. high angle view of cityscape against cloudy sky
    自社や自院がどのような経営戦略を選択すべきかを検討する際、最初に把握すべきことが市場環境です。医療市…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る