萩市民病院と都志見病院の統合に向け協議

4日開会した萩市議会の12月定例会で藤道市長は「萩市民病院と都志見病院の統合に向け協議を始めたい」と述べた。
藤道市長は2022年4月1日を目標に萩市民病院と医療法人の都志見病院との統合を目指す意向を表明した。
統合の背景には人口が減少しているのをはじめ萩市と阿武町の医療圏には中・小規模の病院しかなく専門的な病気に対する医療が不足していることなどが挙げられる。統合後は救急医療も完結できる機能を備えた中核病院を目指し、学識経験者、市民の代表などで構成する委員会で具体的な協議をしていくという。一般質問でこの病院統合について議論が交わされる見通しだ。

萩市民病院(一般病床100

山口県萩市

標榜科目

内科・消化器科・循環器科・神経内科・呼吸器科・小児科
外科・整形外科・放射線科・リハビリテーション科
主要機器
  • 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)
  • マルチスライスCT装置
  • 循環器X線血管撮影装置(DSA)
  • デジタルXTVシステム(DR)
  • コンピューティッドラジオグラフィー(CR)
  • マンモグラフィー
  • 骨塩定量測定装置
  • 電子内視鏡装置
  • 超音波診断装置

医療法人 医誠会 都志見病院234

標榜科目

内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、麻酔科、リウマチ科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、整形外科、形成外科、放射線科、リハビリテーション科、産婦人科、泌尿器科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA