北海道美唄市立病院(75床)建替え基本設計

北海道美唄市立病院(75床)建替え基本設計

北海道美唄市は市議会地域医療体制等調査特別委員会で、新病院の基本設計を示した。新病院は75床(一般病床28床、地域包括ケア病床15床、療養病床32床)に加え、人工透析30床となる。総事業費は、37.7億円。

現在の市立美唄病院は赤レンガ造り

市立美唄病院は1943年(昭和18年)開設、現在の許可病床数は98床。1966年に市のシンボル的な建物として、現在の赤レンガ造りの建物に改築された。

診療科構成は、内科・小児科・外科・整形外科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科の7科。

入院機能については、一般病床53床(うち、地域包括ケア病床11床)、療養病床45床合わせて98床となっている。

新病院は現地建替え、病床転換を見据えた設計

新病院では超高齢化社会で求められる多様な市民サービスを提供できる「新しい市立美唄病院」を計画している。

建設予定は現在の職員駐車場(南西側)に。鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積は計6415平方メートル。将来的な病床転換や縮小を視野に、事務棟は別棟に軽量鉄骨造りで建設する。

概算事業費は約35億円、過疎対策事業債を活用

令和6年に新病院スタート

今後のスケジュールは令和4年度夏ごろから実施設計を開始、令和5年度中に建設工事を終え、令和6年度初めに新病院開院予定となっている。

出所:美唄市HP市立美唄病院建替え基本設計説明書【中間報告】

市立美唄病院建替え基本設計プロポーザル 最優秀提案者 株式会社 大建設計 提案書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA