新潟県三条市の新病院は「済生会県央基幹病院」

済生会県央基幹病院

新潟県と新潟県済生会は3日、2023年度開院予定の県央基幹病院(三条市)の初代病院長に県立燕労災病院(燕市)の遠藤直人病院長(68)が内定したと発表した。病院名は「済生会県央基幹病院」に決まった。

 県央基幹は、県立燕労災、厚生連三条総合(三条市)の2病院を統合し、県が県済生会に運営を委託する。三条、燕、加茂の3市と田上町、弥彦村で構成する県央医療圏の救急・専門医療を担うことになる。

出所:新潟県HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA