神奈川県横須賀市 新市立病院建設は150億円

神奈川県横須賀市立うわまち病院の移転建替え

落札者は大成・堀・宇内特定建設工事共同企業体。実施設計段階で想定していた建設工事費(病院建設費、 外構工事費など)は185.5億円だった。

実施設計時点の概要

市立うわまち病院は、老朽化が進み、手狭で療養環境に支障が生じているため、神明公園に移転建て替えを行う。令和3年度に実施設計、令和4年度から工事を行い、令和7年(2025年)3月1日の開院目標。

神奈川県横須賀市 新市立病院建設
神奈川県横須賀市 新市立病院建設

建物概要

[所 在 地]神奈川県横須賀市神明町 1 番 8
[敷 地 面 積]19,876.24 ㎡
[用 途 地 域]第 1 種住居地域
[建 築 面 積]7,827.32 ㎡ (敷地全体)
[延 べ 面 積]38,166.49 ㎡ (敷地全体)
[階数 / 高さ]地上7階 / 塔屋 1 階 / 34.15m
[構 造]鉄骨造一部鉄筋コンクリート造 / 免震構造 (一部除く)

施設概要

[病 床 数 ]450 床
[計画外来患者数]500 人 / 日
[標 榜 診 療 科 目]内科、 精神科、 脳神経内科、 循環器内科、 腎臓内科、 呼吸器内科、消化器内科、 小児科、 小児外科、 外科、 乳腺外科、 整形外科、脳神経外科、 心臓血管外科、 呼吸器外科、 消化器外科、 形成外科、泌尿器科、 産科、 婦人科、 皮膚科、 耳鼻いんこう科、 眼科、 放射線科、麻酔科、 リハビリテーション科、 救急科、 病理診断科(28 科)

建設地

建設予定地は京急久里浜駅から徒歩500m、JR久里浜駅から徒歩900m。くりはま花の国の北側。

神奈川県横須賀市 新市立病院建設地
神奈川県横須賀市 新市立病院建設地

重点機能

  • 救急外来と放射線診療部門を隣接配置するとともに、 手術部門、ICU(集中治療室)、EICU(救急集中治療室)、HCU(高度治療室)、SCU(脳卒中集中治療室)、血管造影室を救急外来上部の3階に集約配置し、 高度救命医療機能を集約化。
  • 心臓や脳などの血管内治療を行うハイブリッド手術、 ロボット支援手術、 バイオクリーンルーム、 日帰り手術室など、 多様な機能を有する手術室10 室。
  • ICU 12 床。
  • 救急患者さんの迅速な搬送に対応するため、 周辺環境に配慮しつつ、 ドクターヘリの離着陸が円滑に行えるよう、 建物の屋上階にへリポートを計画。

建築計画

フロア機能
7階機械室 | 電気室
6階回復期リハビリテーション病棟 |レストラン | 管理部門 | リハビリテーション室
5階一般病棟 (3 病棟) |回復期リハビリテーション病棟
4階一般病棟 (2病棟) | 産科 ・ 混合病棟 |小児病棟 | 分娩室 |NICU (新生児集中 治療室)・ GCU (新生児治療回復室)
3階手術室 | 集中治療室 (ICU ・ EICU ・HCU ・ SCU)| 中央材料室 | 血管造影室 |管理部門 | 医局
2階外来部門 | 健診センター | 化学療法室 |血液浄化室 | 臨床検査室 | 管理部門 |院内保育
1階救急外来 | 医事課 | 薬剤部門 | 栄養部門 |内視鏡部門 | 防災センター | 核医学部門 |放射線診療部門 | リニアック棟 | コンビニ
建築計画
建築計画

新市立病院整備事業の概算事業費(実施設計時点)

項目対象経費金額 (税込)1床当たり
建設工事費病院建設費、 外構工事費など18,545,00041,211
委託料等測量費、 基本設計費など403,000896
医療機器 ・ 什器整備費医療機器、 什器など6,426,00014,280
 その他移転費、 開院準備費など1,056,0002,347
合計26,430,00058,733
新市立病院整備事業の概算事業費(単位:千円)

新市立病院建設工事スケジュール

今後、本体工事22.5か月、開院準備に3か月を要し、令和7年3月1日に開院予定。

新市立病院建設工事スケジュール
新市立病院建設工事スケジュール

出所:
横須賀市HP「新市立病院建設関係情報(市立うわまち病院の移転建替え)
横須賀市新市立病院建設工事実施設計概要版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA