霧島市立医師会 久米設計を特定 医療C改築基本設計

霧島市立医師会医療センター  霧島市立医師会医療センター改築工事基本設計業務委託

鹿児島県霧島市は、「霧島市立医師会医療センター改築工事基本設計業務委託」の公募型プロポーザルを実施した結果、久米設計を最優秀者に特定した。次点は昭和設計だった。

5者が技術提案書を提出した。

老朽化に伴い現在地で建て替える。新病院の規模は6階建て程度で延べ2万1000㎡。ほか手術室棟RC造2階建て1466㎡の改修設計を担当する。履行期限は2020年9月30日。

工事は21-23年度で進める。予定工事費は約105億円(税込み)。建設地は霧島市隼人町松永3320。

霧島市立医師会医療センター改築工事基本設計業務委託に係る公募型プロポーザルの結果について

霧島市立医師会医療センター改築工事基本設計業務委託について、公募型プロポーザル方式により次のとおり決定しました。

公募型プロポーザル審査結果

1 業務名称 霧島市立医師会医療センター改築工事基本設計業務委託
2 審査結果 下表のとおり

最優秀者 株式会社久米設計 九州支社
優秀者(次点) 株式会社昭和設計 九州事務所

「霧島市立医師会医療センター施設整備基本計画」の策定について

霧島市立医師会医療センターについて、老朽化・狭隘化による課題等を解決し、新たな施設整備を行うために策定した「霧島市立医師会医療センター施設整備基本構想」をもとに、今後担うべき役割や必要な整備内容等を具体化することを目的として、「霧島市立医師会医療センター施設整備基本計画」を策定しました。

将来の病院の機能、施設整備に関する詳細は、「霧島市立医師会医療センター施設整備基本計画」に記載されている。この計画を基に、基本設計が行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA