沖縄県立病院 コロナ対策補助金で大幅な黒字に

沖縄県立病院の昨年度決算 国のコロナ対策補助金で大幅な黒字に

沖縄県立病院の昨年度の決算は、新型コロナの影響で患者が減ったものの国のコロナ対策の補助金で収益が増えて、「純利益」はおよそ22億3000万円と大幅な黒字となったことが報告された。

沖縄県立6病院や診療所を運営する県病院事業局の2020年度病院事業会計決算は、新型コロナウイルスの影響で患者数は激減した一方、国からのコロナ対策費が増えたことで財務が改善したことが11日、分かった。外来診療や入院が減少したため、医業損益は前年度比56億7462万円(96.4%)減の115億6345万円だった。

国からのコロナ対策費を含む医業外収益は前年度から82億3977万円(94.1%)増の169億9621万円だった。病院事業収益は同48億4555万(8.2%)増の639億9954万円だった。

出典:沖縄県HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA