がん患者をサポートする三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド 7/1開業

国立がん研究センター東病院敷地内に立地、がん患者さんをサポートするホテル 「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」 2022年7月1日開業(計145室)

三井不動産および三井不動産ホテルマネジメントは6月20日、千葉県柏市に、がん患者をサポートするホテル「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」を、7月1日に開業する。

  • 本ホテルは、公・民・学連携で街づくりが推進されている柏の葉スマートシティ内にある、国内有数のがん専門病院・国立がん研究センター東病院の敷地内に立地し病院と隣接していることで、がん患者さんと付き添いご家族の利便性の向上を図ることができる。
  • 柏の葉スマートシティで形成を進めるライフサイエンス拠点の中核であり、新たな診療モデル創出の場としての活用も期待され、創薬や医療機器の研究・開発に繋げ、柏の葉から最先端医療創出に寄与する。
三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド エントランス

「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」の特徴

  • 三井不動産とNCC東病院の知見をもとに共同企画。立地環境を生かし、宿泊客の利便性を追求した「がん患者さんをサポートするホテル」。
  • 病院と連携した人的サービスに加え、デジタル技術を用いたバイタルデータ管理サービスなどを用意、データ利活用も推進。
  • 医療ツーリズムへの対応やがん患者さんに配慮した食事メニュー、ロボットを用いた食事配送の実証実験により、他ホテルとは一線を画す、独自のおもてなしサービスを提供。
  • 隣接する柏の葉公園の緑を見渡すことができるテラスのあるレストランや広めの客室などでゆとりある滞在環境を提供。柏の葉を訪れる方々を迎えいれる街に開かれたホテルへ。

背景

  • 国立がん研究センター東病院には、毎年国内外からのべ30万人弱のがん患者さんが来院しており、かねてより病院受診者の利便性向上が求められてきていた
  • 敷地内に本ホテルが開業することで、がん患者さんとそのご家族の通院時の負担軽減や遠方の方の受診の利便性向上が期待
  • 米国・ボストンなどでは、病院やアカデミア、製薬企業研究施設などがクラスターを形成し、最先端のがん医療や革新的な医療技術・サービスを創出しており、日本でもこうした取組みを実現すべく柏の葉スマートシティで現在、大学、研究機関と連携し「ライフサイエンス拠点」の形成を進め、当院に隣接する「三井リンクラボ柏の葉」への民間企業誘致も
  • 本ホテルを新たな診療モデルとしても活用し、すべてのがん患者さんに最先端のがん治療やヘルスケアサービスの提供を目指す

物件概要

名称三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド
所在地千葉県柏市柏の葉6丁目5番2
交通つくばエクスプレス線「柏の葉キャンパス」駅から車で約5分
土地所有国立研究開発法人国立がん研究センター東病院
建物所有三井不動産株式会社
運営株式会社三井不動産ホテルマネジメント
敷地面積ホテル部分 3,972.43m2(1,201.66坪) ※NCC東病院敷地11,914.00m2(3,603.99坪) 
構造規模鉄骨造 地上7階
客室数145室
延床面積8,329.89m2(2,519.79坪)
設計・施工東急建設株式会社
付帯施設カフェ&レストラン(1F)、コンビニ(セブンーイレブン)(1F)、NCC東病院の外来拡張エリア(2F)、ラウンジ(2F)
TEL04-7137-6131
公式webサイトhttps://www.gardenhotels.co.jp/kashiwanoha-parkside/
三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド 所在地

出所:三井不動産「国立がん研究センター東病院敷地内に立地、がん患者さんをサポートするホテル
「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」 2022年7月1日開業(計145室)
ケアスタッフによる体調不良時の緊急対応、病院外来拡張エリア設置、ウエアラブルデバイスの導入などでがん患者さんとご家族を24時間サポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA