紹介状なしの負担拡大案=「400床以上」を引き下げ-厚労省

厚生労働省は30日、中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関、中医協)で、紹介状なしで大病院を受診した患者に一定以上の定額負担を義務化する制度について、対象病院をベッド数「400床以上」とする現行の枠組みを、より多くの病院に広げる案を示した。

2020年度診療報酬改定に制度見直しを盛り込む方針。

大病院の定額負担は、16年度から「500床以上」の病院を対象に始め、18年度からは「400床以上」に拡大。紹介状を持たない場合、初診で5000円、再診では2500円を最低額と定めている。全て患者の自己負担となる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 東京都杉並区にこれからのスタンダードとなる医療・介護の複合施設
    東京杉並のフェニックス杉並は、特別養護老人ホームに加え、看護小規模多機能型居宅介護支援事業所、防災拠…
  2. 東京都保健医療計画 中間見直し(令和3年7月)
    東京都は令和3年7月、医療法の規定により、東京都保健医療計画(平成30年3月改定)の中間見直しを行っ…
  3. high angle view of cityscape against cloudy sky
    自社や自院がどのような経営戦略を選択すべきかを検討する際、最初に把握すべきことが市場環境です。医療市…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る