福島県厚生連 坂下厚生総合病院が竣工

完成した坂下厚生総合病院および老人保健施設なごみ

福島県厚生連は移転新築中の坂下厚生総合病院および老人保健施設なごみの新築移転工事が終わり、8月4日竣工検査と引き渡し式が行われ、JA福島厚生連、坂下厚生総合病院関係者ら31人が参加したと公表した。

新病院は、地上3階建て・塔屋1階建て・病床数159床に加え、新介護老人保健施設が併設されており、地上2階建て・ベッド数100床。延べ床面積17,928.23㎡。21ヶ月の工期を経て完成しました。11月1日に開院・開所し、同4日から外来診療を開始する。

 同病院は、1963年5月に総合病院となり、農村地域の中核病院として高齢者の多い会津西部の医療を支えていましたが、老朽化が進んだこともあり、災害時に備えるため、低層化を生かした災害に強く、環境にやさしい病院とするため、建替えとなった。

令和3年11月 坂下厚生病院と介護老人保健施設なごみが移転

新病院は内科や整形外科など17科の診療体制。外来や健康診断などの機能を1階に集約し、地域医療の拠点としての機能を強化した。人口減少などを考慮し、病床数は現在より1割減の159床となる。

出所:文化連HP坂下厚生総合病院HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA