新しい地域医療の形 東京杉並のフェニックス杉並

東京都杉並区にこれからのスタンダードとなる医療・介護の複合施設

社会福祉法人暁会が運営する「フェニックス杉並」が東京都杉並区に2021年12月オープンする予定です。

社会福祉法人 暁会は、山口県下関市を中心に、高齢者・障がい者・児童向け等の事業を展開する社会福祉法人です。これまで、東京への展開は江東区のメディカルケアタウン東大島だけでしたが、この度、東京都杉並区への医療介護の複合施設運営をスタートさせます。

これまで、医療や介護福祉はドミナント戦略が中心でしたが、地方都市で地域医療のノウハウを積んだ法人が首都圏へ進出してくる事例は増えてくると推察されます。

オープンを間近に控えた東京都杉並区の医療福祉複合施設フェニックス杉並

フェニックス杉並の概要

フェニックス杉並は、定員180名、併設ショートステイ36名の特別養護老人ホームに加え、看護小規模多機能型居宅介護支援事業所、防災拠点型地域交流スペースを併設した大型複合施設です。
各室入居者の個別性を重視したユニットケアを有し、利用者一人ひとりの生活を重視し、担当職員がすべて個室でその方に応じたケアを行います。ユニットにおいては共同生活室、浴室が整備されています。

  • 名称…特別養護老人ホーム フェニックス杉並
  • 運営事業者…社会福祉法人 暁会
  • 所在地…杉並区天沼3丁目19番
  • 入所対象者…原則、要介護3以上と認定された方で、在宅で介護を受ける事が困難な方
  • 定員…入所:180名、ショートステイ:36名
  • 費用…月額約7万円~25万円程度(介護度および入所者・世帯員の所得により異なる)
  • 申込方法…区内既存の特別養護老人ホームへ、申込書を提出。
    すでに特別養護老人ホームへ入所申込みをしている方で、フェニックス杉並へ入所を希望する方も、改めて変更の申し込みが必要。
  • 申込書配布場所…区内特別養護老人ホーム、ケア24、高齢者在宅支援課(区役所西棟2階)で配布。
  • 「看護小規模多機能型居宅介護事業所」等併設
フェニックス杉並には衛生病院のクリニックや医師会の訪問看護、居宅介護も併設される

衛生病院のクリニックも併設

フェニックス杉並には、杉並区荻窪駅に近い東京衛生病院アドベンチスト病院付属のウェルファームクリニックも併設されます。

また、杉並区医師会が運営する訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所「杉並区医師会プランニング・サービス」も併設されており、東京都杉並地区の医療ニーズに合致した複合施設がオープンすることは、これからの医療と介護・福祉のモデルケースになると推察されます。

東京都杉並区に2021年12月にオープンするフェニックス杉並は
東京衛生病院のクリニックも併設される

出所:社会福祉法人暁会HP
   杉並区HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA